宮崎ITブログ

(有)共栄産業[宮崎県宮崎市]でのIT関連技術のPRおよび社内での備忘録の蓄積を目的にブログを運用させていただきます。その中で、ほんのり皆さんの役に立つこともあるといいなぁ なんて思ってます。コメントは遠慮なくどうぞ〜♪

<< ログ解析したら意外なキーワードが | main | 不動産売買管理ソフト備忘録 >>
県とか公立大学とかが主催?しているオープンソースセミナーに出てきました。ITから遠ざかっている日常なんで・・・刺激をもらいに!

>>セミナー概要(PDF)

目玉はなんといってもrubyの開発者の「まつもとゆきひろ」さんのセミナー。ちとマイクの具合が悪かったり、まつもとさんが早口だったりとかで出だしは聞き取りにくかったものの、大変興味深く聴くことができました。

rubyの開発者まつもとひろゆき氏の講演

rubyの特徴なりなんなり既知のこと(私はしらないけど)はほとんど話さず、開発プロセスなり現状なり、地域資源の話なり宮崎在住の私としてもとても有意義でした!

まつもとさんの存在が、地域資源(人的資源)というところが宮崎の今後を占うキーワードになってくるのかもしれませんね。あぁいう方に宮崎に来て欲しいので思わず、そんな考えがないか馬鹿な質問をしてしまいました。当然、出身の島根で今後も活躍されるとのこと!

以前、サーファーSEがみんな宮崎こないかなと思いましたけど、rubyに携わる開発者が将来400万人になる予想なんてのもあるようで、0.1%がサーファーだと過程すると4000人くらい世界から集まるかもかもかも・・・話がどんどんずれるが、お子さんがみんな関東やら関西で活躍されていて宮崎に戻ってきそうもない方にはいつもそれとなくサーフィンに興味を持たせるように言っている(笑)サーフィンさえはじめれば、サーフィンにはまって宮崎で仕事したくなるはずと!



あとオープンソースソフトウェア協会の方のLinuxの話やOpenOfficeの話がありました。OpenOfficeが地域を救うという話はちょっと納得。費用もいらないし、地域にお金が回ってくる可能性があるとすればOpenOffice使わない手はない。4,5年前に使ったことがなぜかフェードアウトしてしまっていたので、またOpenOfficeの利用を検討してみよう。

あとIPAフォントの存在を知ったのが面白かった。あと英語力の大切さなんてのも感じたか。現状はとりあえず片言の英語でことたりるか。

rubyの思想なりなんなりスラドにあったので下記アドレスにて
http://slashdot.jp/developers/article.pl?sid=03/03/14/0258247

その他参考
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/31/news060.html

追伸
いやー 昼食でるなんてすごいなと思ってたけど、小学生の昼食よりも少ないようなボリュームなのがかなりうけてしまった。税金もはいっているだろうから、とりあえずあれくらいあれば不満はないですが(笑)
| 2008.10.09 Thursday | 日誌 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://it.m-kyoei.com/trackback/834476
トラックバック
Twitter Updates

ジオターゲティング
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE